婚約を受け入れてもらうために簡単にできる工夫

プロポーズに合ったムードが大切

好きな彼女となんとか婚約したいけど、中々相手に響かない、どうやったら婚約をしてくれるんだろうと悩んでいる人は、女性目線からのアドバイスをもらうといいですよ。相手を婚約したい気持ちにさせるためには、準備をしっかりしてプロポーズをする環境を作るべきですよ。雰囲気やシチュエーションをしっかりと考えることで、女性を婚約したい気持ちにさせることが可能ですよ。プロポーズの結果は、雰囲気で決まるといってもいいすぎではありません。プロポーズに合ったムードが大切なのです。

お互いが冷静になれる状態

1人でプロポーズをすることに自信がないならば、カップルと仲がいい人に一緒に同席してもらうといいですよ。多くの人に祝福されることで、相手の気分が良くなって婚約をしたいという気持ちに自然となれますよ。ただ、お酒を飲んだ勢いでプロポーズをすると、後で冷静になった時に断られる場合があるので、お互いが冷静になれる状態でプロポーズをすることが大事ですよ。いくら本気で言ったとしても、酔っ払っていると冗談にとられたり、酔っているから真面目なプロポーズではないと流されてしまったりする可能性があるので、注意が必要ですよ。

真剣な顔や言葉でプロポーズをする

まず、上手く婚約したい気持ちを伝えるためには二人きりになれる静かな場所と、いかにもプロポーズをしそうな雰囲気を作ることが大切ですよ。プロポーズをする前に女性にドキドキ感をいかに与える事ができるかが決め手になります。プロポーズを伝える恥ずかしいからといって、ちゃかしたり、冗談交じりで相手に婚約したい気持ちを言っても軽く流されるだけですよ。プロポーズをしても反応がないと思っている人は、まず自分のプロポーズをした時の表情やプロポーズの言葉選びを別のものになおしてみるべきですよ。真剣な顔や言葉でプロポーズをしたい気持ちを言われるとなかなか断れないものなんですよ。

結婚を誓った女性に贈るエンゲージリング、プロポーズの時に贈る人がほとんどのようです。両家の顔合わせまでに、または結納までには準備しておくのが一般的です。